HOMERFL用語集

RFL用語集

RFLイベント用語をご紹介いたします。

リレー・フォー・ライフ(略:RFL)
 アメリカで始まったがん患者支援のためのチャリティーイベント。
 チームでタスキをつないで夜明けまでグラウンドを歩く。

サバイバー
 がん患者、またはがんを克服した人のこと。

ケアギバー
 サバイバーを支える家族、友人、医療従事者など。

チーム
 RFLは、チームで参加することが基本であり、 1チームは10~15人で構成する。
 サバイバー、家族、友人、医療従事者、学生、地域の人など
 誰とでもチームを作ることができる。

ルミナリエ
 RFLの象徴的なセレモニーのひとつ。
 夕暮れ時、会場の証明や音を消して、
 ルミナリエバッグのキャンドルが燈るグラウンドを静かに歩き(サイレントウォーク)、
 亡き人を偲ぶとともに、
 現在がんと闘う人に勇気と希望を、そしてエールを送る。

サバイバーズラップ
 最初の一周(開会式直後)は、サバイバーだけが歩くことのできる特別な時間。
 ケアギバーがサバイバーを拍手とともに迎える。
 最後の一周(閉会式直前)は、サバイバーとケアギバーが共に歩く。

サバイバーズフラッグ
 サバイバーズラップの際に掲げて歩くフラッグ。
 フラッグには参加したサバイバーの手形を押してもらう。

リレーウォーク
 チームで作成・用意したフラッグを持ちながら交代で思い思いに歩く時間。
 昼夜問わず交代で歩き、タスキをつなぐ。

タスキ
 タスキは、目に見えるものを繫ぐだけでなく、心のリレーの意味もある。
 実行委員会が肩にかけるタスキを用意するところもあれば、
 チームの好きなものを使いリレーするところもある。

フラッグ
 チームのシンボルとして、タスキとともにリレーウォークで使う。
 色・形・サイズ・材質などに決まりはなく、チームで自由に作成する。

ブース
 各イベントや啓発を行う場所のこと。
 テントそのものを指すこともある。

啓発
 一般の人にがん患者やがんのことを理解してもらうとともに、
 検診による早期発見の重要性を認識してもらう活動。

紫のリストバンド
 RFLのカラー・紫色をした腕に付けるバンド。

紫のバンダナ
 サバイバーのしるし。首や手首に巻いて歩く。

このページのトップへ
inserted by FC2 system